FX水平線で勝つ!最強のトレード戦略を徹底解説!

FX 手法

この記事では水平線のテクニカル分析方法について解説します。

  • 水平線ってどうやって引くの?
  • 水平線だけで勝てるの?
  • 水平線ってどうやって使うの?

上記のような悩みを持ってるトレーダーに向けた記事です。

初心者から上級者まで、FX水平線を使ったトレード戦略について知りたい方必見です。

チャートパターンというのは、ダブルトップやヘッドアンドショルダーなどのローソク足の値動きの形のことです。

こういったチャートパターンに例外なく共通するのは、「ネックラインをブレイクしたらエントリー」ということです。

「だったらチャートパターンなんていちいち気にせずに水平線ブレイクだけを注視すれば良くない?」と思いませんか?

その通りなんです。

というのも、チャートパターンというのはラインブレイクを原点に作られたものだからです。

そもそもトレーダーによって「これはダブルボトムだ」「いいやこれはただのシングルボトムだ」といったように、トレーダーによってチャートの形の見え方というのは違うものです。

しかしほとんどのトレーダーに共通してることは、トレンドの初動を取りたい、すなわち「ラインをブレイクしたらエントリーしたい」ということです。

かと言って、あなたもご存知の通り、それだけで勝てるほど甘くはないです。

そこでファンダメンタルズ分析通貨強弱の連動を組み合わせることで、私は高勝率高リスクリワードを実現させています。

しかし収益が安定しないトレーダーたちは、そこで道を誤り、細かいテクニカル分析の聖杯探しに陥るわけです。

「このサポートラインを下抜けたと見せかけてダマシを確認してから、このレジスタンスラインを抜けて、そこからさらにブレイクワンタッチして、。。、」なんてそんな細かいことをほとんどの勝ち組トレーダーや大口投資家は気にしてません。というか値動きの本質はそこではないですし、理由ですらありません。

ましてやそんな細かいテクニカル分析に頼ったところで成績は改善しませんし、エントリーすべきところでエントリーをしない機会損失にも繋がるわけです。

値動きの本質や根拠はファンダメンタルということを肝に銘じておきましょう。

勝ち組トレーダーの手法がシンプルなのに安定して勝てているのはそういうことです。

トレーダーによって水平線の引き方は違うでしょうし、意識されてる水平線もよっぽどわかりやすい明確なものでなければ、どの水平線が重要なのかもわかりにくいと思います。

「え?ローソク足数本しかないこんな小さい値動きの位置に水平線なんて引くの?」っていうようなトレーダーもいれば、数十本も水平線を引いてるようなトレーダーもいます。

トレーダーによって引き方はそれぞれ違いますが、明確な水平線を引けるようになるに越したことはありません。

そこで私が実際に普段から愛用してる水平線の引き方を紹介します。

用意するインジケーターはMACDです。

このMACDの凸凹とローソク足を照らし合わせて水平線を引くわけです。

MACDに引いた水色の線とローソク足に引いた水色の水平線

MACDに引いた黄色の線とローソク足に引いた黄色の水平線

MACDに引いた赤色の線とローソク足に引いた赤色の水平線

こういう風に水平線を引く場所はMACDを参考にするとわかりやすいと思います。

MACD以外にもRSIやボリンジャーバンドなど、他に水平線を引くための手掛かりになるインジケーターはいくつかありますが、MACD以外(RSIやボリバンなど)だと細かいフラクタルの波に水平線を引くことになります。

そうなるとダマシに狩られて成績が悪くなります。

私の経験上、そして過去検証の結果、やはりMACDを手掛かりにするのが一番安定します。

とはいえ本来のMACDの使い方ではないですし、MACDをこんな使い方するのは私くらいでしょうけど。

レンジ相場での上下の反発を狙った逆張り手法が存在しますが、私はおすすめしません。

理由は、

  • リスクリワードを大きく狙いにくい。
  • ファンダメンタルを考慮できない。
  • 投機的な値動きなので狩られやすい。

上記のような理由です。

収支がプラスなら良いのですが、トータルプラスにできても、安定した収支を継続させるのは厳しいと思います。

年トータルプラスだとしても、プラスの月もあればマイナスの月も同じくらいあるのでは、メンタルの安定もしづらいはずです。

月にマイナスを出すくらいなら±0のほうがはるかにマシです。

ファンダメンタルがないときだけに絞ってレンジ取引をするのもやめたほうがいいの?」と疑問に思う賢いトレーダーもいるかもしれません。

着眼点は素晴らしいですが、結論を言うとやめたほうがいいです。

背景にファンダメンタルがないということはほとんど投機的な動きでランダムウォークです。

そして投機的でランダムウォークの値動きのときは、レンジの時もあればトレンドがうまれる時もあります。

おいも貴婦人ブログさんより引用

たとえばこのチャートを見て「上昇トレンドだからロングだろ」と思うかもしれませんが、このチャートが「縦軸…コイントスで表が出たら+1、裏が出たら-1。横軸…コインを投げた回数」だとしたらどうでしょう?

実際にこのチャートは、『ランダムに乱数を発生させ、その値が負であるならば-1で正であるならば+1』という完全なランダムによってできたチャートなのです。

このように根拠のない完全なランダムな相場で『水平線ブレイクでロングだ!』というふうに闇雲にトレードしてたら、簡単に収益はマイナスになってしまうでしょう。

ランダムウォークではこのようにレンジの時もあれば、偶然にしてトレンドが生まれることもあるわけです。

ランダムウォークではない条件というのは背景に必ずファンダメンタルがあります。

あなたがするべきトレードタイミングは「背景にファンダメンタルがあるトレンドに乗っかる」「ランダムウォークではない場面だけに絞ってトレードする」これだけです。

あらゆるチャートパターンは値動きが一時的に拮抗してる場合に形成されるものです。いわばチャートパターンというのは形そのものがレンジ相場と言えます。

そのチャートパターン(レンジ相場)のネックラインを上位足のトレンド方向に抜ける瞬間を狙って上手いトレーダーはトレードするわけです。

しかし『あらゆるチャートパターンの原点は水平線ブレイク』で言った通り、チャートパターン(のネックライン)というのはただの水平線の一種でしかありません。

つまりチャートパターンなど細かいことは気にせず、ファンダメンタルが背景にあるトレンドが形成されたら、その方向に水平線をぶち抜いたら順張りする。それだけです。

もし水平線(チャートパターンのネックライン)ブレイクで収益が安定しないとするなら、それは大局(上位足のトレンド)に逆らっているか、背景にファンダメンタルがない投機的なランダムウォークの値動きの中でトレードしてるかでしょう。

水平線というのは重要なレートを指し示す指標でもあります。その重要なレートをぶち抜いた時にトレンドが発生するわけです。

↑この画像の赤い水平線は、0.69924が重要レートだということを指し示しています。

しかしトレンドライン(斜め線)は重要なレートを指し示す指標にはなりません。

トレンドラインをぶち抜いたとしても、その先に待ち構える水平線に跳ね返されることも多々あります。

↑このように黄色のトレンドラインを抜けて水色の垂直線でエントリーしても、赤色の水平線で反発するというようなことは多々あります。

「赤色の水平線で利確すればプラスじゃん」と思うかもしれませんが、リスクリワード的は低いですし、期待値的に収益を安定させるのは難しいでしょう。

それにトレンドラインというのは、引き方がトレーダーによって大きく違ってきます。

  1. ローソク足の実体から実体で引くトレーダー
  2. ローソク足のひげ先から実体で引くトレーダー
  3. ローソク足の実体からひげ先で引くトレーダー
  4. ローソク足のひげ先からひげ先で引くトレーダー

実体から実体

ひげ先から実体

実体からひげ

ひげからひげ先

この様にトレンドラインは4通りもの引き方ができるわけです。

つまりダマシに合う可能性もその分高くなります。

水平線の手法で最も好成績を出せる手法というのは、

上記の3つを組み合わせた有利な相場環境での水平線ブレイクに限ります。

水平線ブレイクのデメリットを挙げるとするなら、

損切り幅が広すぎてリスクリワードが小さくなりやすい。

上記を取り上げるトレーダーが大半ではないでしょうか。

そこでそんな悩みを持つトレーダーが手を出す手法が押し目買い・戻り売りといった手法ではないでしょうか。

しかし押し目買い・戻り売りの手法にもリスクがあります。

それは高値や安値を越えられなかった時に損切りになってしまうことです。

赤い垂直線で戻り売りエントリーをすると、安値を更新せずに逆行して損切りになるケースがよくある。

私も押し目買い戻り売りをしてた時期がありました。

しかし高値や安値を越えられなかった場合にそのまま逆行して損切りになってしまいました。

そこで解決策というのは、時間足を短期に落とすということです。ただし落としすぎると今度は激しいフラクタルの動き(ダマシ)に狩られてしまうので、私的にベストな短期足は15分足です。

15分足の水平線をブレイクしたらエントリー、これが一番ダマシに狩られづらく、高リスクリワードも狙いやすい時間足です。

1時間足以上での水平線ブレイクだと、やはり損切り幅が広くなる分リスクリワードも小さくなりやすいです。

そこで15分足に落としてあげることで、勝率を維持しながらリスクリワードを倍近くまで跳ね上げることができます。

↑1時間足で見たチャート。2つ前の画像と見比べてみてください。

あらゆるチャートパターン手法の原点は水平線ブレイクです。

チャートパターンの手法に共通してることは例外なく「ネックラインを抜けたらエントリー」ということです。

しかし斜めのラインでは4通りの引き方があり、トレンドラインを抜けたとしてもその次に控えてる水平線に跳ね返されるリスクなどがあるわけです。

つまり水平線ブレイクが原点であり、一番トレーダーが磨くべき手法でもあります。

しかしただ闇雲に水平線ブレイクでトレードするのでは安定した収益はあげられません。

そこでファンダメンタル通貨強弱を組み合わせることで、高勝率高リスクリワードを安定させることができるわけです。

実際に私はそれで勝率7割越え(実際は8~9割も全然ある)リスクリワード2.0~3.0をキープしてるわけです。

エントリー回数はかなり絞られますが、そこをレバレッジで補えば、トレード回数を増やすよりも圧倒的かつ爆発的に資金が増えるわけです

そんなトレード手法と相性が非常に良いのが、私も愛用してるXMという海外FX業者でございます。

XMの口座開設方法

国内FX業社ではレバレッジが25倍までしかかけられない制限がありますが、XMでは888倍までかけれるわけです。

それだけではなく国内FX業者では追証(借金)のリスクがありますが、XMはゼロカットシステムにより、どんなに損失がマイナスになっても0で止まるので、借金のリスクは無いのです。

「早く大金稼いで億トレの仲間入りしたい!」という方はぜひXMの口座開設をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました