ダウ理論を使ったFXトレードのコツを徹底解説!

FX 思考法

この記事ではダウ理論について、より理解を深めるための情報が網羅されています。

  • ダウ理論って実際プロはどうやって使うの?
  • ダウ理論だけで勝てるの?
  • ダウ理論って何?

こういった疑問を持ってる初心者や中級者のトレーダーさんはぜひ本記事を読んで知識を深めていただければと思います。

実際に私も使ってるテクニカル分析はほぼダウ理論だけです。

移動平均線やMACDなどのインジケーターも表示させてはいますが、それらは私にとって、ダウ理論を見やすくするためのツールでしかありません。

ざっくり言うと、ダウ理論とは

  • 直近高値を上抜けたら、押し安値を下抜けるまで上昇トレンド。
  • 直近安値を下抜けたら、戻り高値を上抜けるまで下降トレンド。

というトレンドの定義を意味するものです。

↑画像は外為どっとこむさんより引用

この画像の場合、

  • 高値①を上抜けた点線①から安値①を下抜けるまでを上昇トレンド
  • 安値①を下抜けてからは下降トレンド

という風に定義されます。

勝ち続けているプロのトレーダーたちが思い描くダウ理論の意味とはそういうことです。

ダウ理論の意味を突き詰めていくと、「ダウ理論の6つの基本原則」というようなものにぶち当たると思います。

そのような深い知識はぶっちゃけ覚える必要はありません。

実際にプロの投資家たちに聞いても「ダウ理論の6原則って何?はじめて聞いたわ(笑)」というような反応になると思います。

一応説明すると、ダウ理論の6原則とは以下の通りです。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

Wikipediaを見ればより詳しく説明されていますが、巷で言われているダウ理論の意味は『6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』のことであり、そのことはプロの投資家が思い描くダウ理論の意味にすべて書き記しました。

要はダウ理論の6原則なんて覚える必要はないということです。

ダウ理論には100年以上もの歴史があります。

そしてダウ理論よりも古いテクニカル分析やインジケーターなどは存在しません。

あらゆるテクニカル分析やインジケーターの祖、それがダウ理論なのです。

逆に言うと、あらゆるテクニカル分析やインジケーターはダウ理論を基にして作られたものです。

ダウ理論をアニメで例えるなら、NARUTOなら六道仙人、ドラゴンボールなら全王みたいなものです。

「インジケーターは使わない」と言ってる勝ち組トレーダーがたまにいますが、それはダウ理論を根拠にトレードしてるからです。

移動平均線やMACDなど、インジケーターを表示するのはあくまでダウ理論を見やすくするためのツールでしかないのです。

ここでは実際に私やプロの勝ち組トレーダーが使ってるダウ理論の使い方を説明します。

環境認識を行う際のダウ理論の使い方です。

私の経験上、また過去検証においても、環境認識では1時間足~4時間足がおすすめです。

ちなみに私的に一番ちょうどいいのは1時間足です。

↑これは2008年7月22日~8月21日(リーマンショック前)の1時間足のEURUSDです。

赤の横線…下降トレンドの起点となる安値(この赤い横線を下抜けたら下降トレンド)

水色の横線…下降トレンド中の戻り高値(この水色の横線を上抜けたら下降トレンド終了)

このように明確なトレンドが出る場合は、1時間足をダウ理論的に見ると綺麗な形に見えます。

これをさらに小さい時間足(15分足など)に落としてしまうと、明確な下降トレンド中にもかかわらず、戻り高値を超えてしまうなどの激しいフラクタルによるダマシで、トレンド相場が汚く見えるのでオススメしません。

↑15分足に落としたチャートです(赤と水色の横線は1時間足のまま)。

黄色の横線…15分足の戻り高値

このように、1時間足より短い時間足に落としてしまうと、下降トレンド中にも関わらず戻り高値を上抜けるといったことが多々起こります。

1時間足だと下降トレンド中に戻り高値を上抜けても、私の経験上はほとんどの場合しばらくレンジor上昇トレンドに転換します。

4時間足だと1時間足よりさらに正確にダウ理論(トレンド)を把握できますが、デメリットとしてはシグナルが遅いということです。

エントリーや損切が後手後手になってしまうリスクがあるので、私的にベストなのは1時間足です。

ダウ理論の具体的な使い方(環境認識)で紹介した方法は、ファンダメンタルズ分析や通貨強弱にも応用できます。

米金利(US02Y, US10Y)や米株(US30, 100, 500)やVIX、JP225など、金利や株との連動を確認する際もダウ理論は大いに役立ちます。

また通貨強弱に関してもOANDAの通貨強弱などがありますが、それよりも自身で1時間足のダウ理論で各通貨ペアを見て確認したほうが正確に通貨強弱を把握できます。

ファンダメンタルズ分析や通貨強弱を取り入れることで、FXのトレンドが本物か偽物(ダマシ)かどうかを見極められるようになり、成績も爆発的に向上するので、必ず取り入れるようにしましょう。

金利(US02Y, US10Y)やVIXのチャートなどはTrading Viewでしか見れないので、登録しておくことをオススメします。

これがないとファンダメンタルズ分析はできません。

実際に私がエントリーする際に見る時間足は15分足です。

手法はシンプルで、上昇トレンドの場合は直近高値を上抜けしたら買い(ロング)です。

ストップロスは押し安値より少し下に設定します。

こうすることにより、『15分足のダウ理論が崩れたら損切り』という明確な根拠を持つことになります。

下降トレンドの場合は直近安値を下抜けしたら売り(ショート)です。

↑15分足のAUDUSD(2020年6月2日)です。

赤い線(直近高値)を超えたらエントリー。これだけです。

※なぜこれほどシンプルな手法で通用するかというと、ファンダメンタルズ分析通貨強弱ダウ理論で連動してるかを確認してるからです。

ちなみに15分足よりさらに短い時間足に落とすと、激しいフラクタル(ダマシ)に狩られたり、天井掴みや底掴みのリスクが高まるので、おすすめしません。

↑5分足のAUDUSDです。

このように、環境認識で上昇トレンドだったとしても、5分足にまで落としてしまうと、直近高値(赤い線)を超えてもすぐに押し安値(水色の線)まで下抜けてしまうといった、激しいフラクタル(ダマシ)に巻き込まれてしまうのです。

こういうパターンの負けトレードは、15分足にしてあげると回避できることが非常に多いです。

↑15分足に拡大したAUDUSDです。

赤い線は直近高値水色の線は押し安値です。

短い線は前述の5分足、長い線は15分足(本チャート)です。

トレード成績を向上させるなら、最低時間足は15分足までにすることをおすすめします。

買い(ロング)の場合、ある程度利益が伸びたところ(目安としてはリスクリワード2.0以上)で5分足の押し安値を下抜けたら利確します。

↑5分足のAUDUSDです。

15分足の赤い線直近高値でエントリーした場合、水色の線の5分足の押し安値に触れたら利確します。

なぜ利確は5分足なのかというと、15分足(エントリーする時間足)で利確の判断をすると、利確が遅れてしまうからです。

かといって5分足は激しいフラクタルの値動きによりダマシが頻発します。

そこで、ある程度リスクリワードが高まったとき(2.0~3.0付近)キリ番が近い部分も根拠に入れたうえで、5分足での利確方法を実行します。

ちなみに損切ラインは、ここまで記事を読んでくれたならわかると思いますが、15分足の押し安値より少し下です。

またファンダメンタルズ分析(金利や株)通貨強弱のダウ理論が途中で崩れた場合は撤退します(もしくは建値に指値or逆指値を設定する)。

金利(US02Y, US10Y)チャートはTrading Viewでしか見れません。

環境認識からエントリーファンダメンタルズ分析通貨強弱まであらゆることはダウ理論だけでカバーできちゃいます。

なぜならダウ理論というのはあらゆるテクニカル分析やインジケーターの原点にして頂点だからです。

それも文字通り、あらゆるテクニカル分析やインジケーターはダウ理論を基にして発明されました。

そして勝ち組トレーダーやバフェットのような有名投資家はみんなダウ理論を中心とした手法を取り入れています。

特に中級者の方は片っ端からテクニカルの聖杯探しをしてると思いますが、本質はそこではなく、ファンダメンタルズ通貨強弱為替とのダウ理論の連動です。

トレンドが生まれるのには必ず理由があり、その理由の大半はファンダメンタルズです。

そのファンダメンタルズ(金利と株)を見極めるのにダウ理論は大いに役立ちます。

私自身もダウ理論ファンダメンタルズ分析通貨強弱を合体させることで、圧倒的高勝率高リスクリワードを実現できました。

エントリー回数が少ないというのが弱点ではありますが、その分はレバレッジで補えば良いのです。

そんなトレードスタイルと相性が良いFX業者がXMです。

XMの口座開設方法

国内FX業者はレバレッジ25倍規制追証がありますが、XMのメリットは888倍のレバレッジ追証が発生しないゼロカットシステムです。

さらに口座開設したら13,000円分の証拠金がもらえますつまり入金せずにノーリスクでいきなり取引できちゃいます)。

私もこのXMを使ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました